独身時代は、結婚のことなど考えておらず、洋服や海外旅行など好きなことにお金を使い、貯金をあまりしていませんでした。

結婚することになり、いろいろ動き出すと、こんなにもお金がかかるものなのかと驚きました。

指輪やら式場やら新婚旅行やら新居のこと、想像以上にいろんなことにお金がかかり、だんなさんが年下で若かったため、だんなさんもあまり貯金がなく二人ともあまり資金がなかったため、やむを得ず親に借りました。

親は、子供の結婚式だし、返さなくていい、全額だしてくれると言いましたが、これから結婚し、独立して自分たちの家庭を築いていくので、そこはけじめとして、お借りして、きちんとお返しします。

と約束しました。なるべく早く返そうと思いましたが、3年かかって、全額親に返済しました。

結婚するのはお金を貯めてからとか言ってると、婚期を逃してしまうかもしれませんし、お金がないのに結婚式しようと思った私とだんなはずうずうしいとも言えますが、ありがたいことに親が貸してくれましたので、それに甘えて 自分達が結婚したいと思った時期を逃すことなく 結婚するすることができました。

親への借金返済も終わりましたので、これからは無駄遣いすることなく貯金に励みたいと思います。