私がカードローンを使ってお金を借りたのは、今から5年ほど前のことです。

当時、私は生活費にも事欠く生活を送っており、家の固定資産税や住民税、健康保険料などさまざまな支払いが家計を圧迫し、結果的にお金が足りなくなってきました。

そこで私は弟から10万円ほどを借りたのです。弟は最初から「お前に貸すのはなあ」と渋々でした。

それもそのはずで、私は現在会社勤めをしておらず、自分で在宅で仕事をしている人間だったからです。

月の生活費にも事欠く人間が返すあてができるかどうかという身分だったので、そんな人間に貸すのはどうなのかと弟も思ったそうですが、後にそれは杞憂であったことになります。

その10万円のおかげで私は当面の生活を乗り切ることができ、その後の仕事も順調に進みました。弟もそれで安心したのか、それからはお金をちょくちょく貸してくれるようになりました。

まさにこれがクレジットで言うところの「信頼」というものなのだなあと痛感しました。お金を借りるときには信頼を積み重ね、その連続でまたお金が借りられる。

何気に簡単なようで実は一番難しいというこの信頼の積み重ねを私は身を持って体験しました。

しかし、今後は調子に乗ることなく、借りる機会はもうないと思って生活を締めていこうと思います。