つい最近、妻の実家からお金を借りました。車を買い替えるためです。

住んでいるところが田舎で、車が無いと通勤できないので車はほとんど生活必需品なのです。

しかしある日エンジンがかからなくなってしまい、買い替えざるを得なくなりました。

私がカードローンを使ってお金を借りたのは、今から5年ほど前のことです。

当時、私は生活費にも事欠く生活を送っており、家の固定資産税や住民税、健康保険料などさまざまな支払いが家計を圧迫し、結果的にお金が足りなくなってきました。

そこで私は弟から10万円ほどを借りたのです。弟は最初から「お前に貸すのはなあ」と渋々でした。

独身時代は、結婚のことなど考えておらず、洋服や海外旅行など好きなことにお金を使い、貯金をあまりしていませんでした。

結婚することになり、いろいろ動き出すと、こんなにもお金がかかるものなのかと驚きました。

指輪やら式場やら新婚旅行やら新居のこと、想像以上にいろんなことにお金がかかり、だんなさんが年下で若かったため、だんなさんもあまり貯金がなく二人ともあまり資金がなかったため、やむを得ず親に借りました。

私は20代前半で結婚して、わずか2年で離婚をしたのですが、私が家を出ていく形となった為まとまったお金が必要でした。

一度実家に戻りましたが、実家の父が再婚したばかりだったので長くは居られず、家を探すことにしました。

急な離婚だったのでお金をたくさん用意することができず、元夫も全くといっていいほどお金を持っていなかったので、親にお願いして50万円借りることにしました。

私の主人が、結婚前に車の購入の為に借金をしました。本当ならローンを組む予定でしたが、両親が貸してくれると言うのでその言葉に甘えてしまったようです。

結婚が決まった際に、『結婚資金を貯めるのも大変だろうから、返済はもういい』と言われたとのことでした。私の両親は、借金が無い事を条件に結婚を承諾してくれました。

が、結婚式や新婚旅行が済んでしばらくした後、旦那の両親から連絡がありました。『車の借金の返済計画を教えて欲しい』との事でした。

先日、給料や働き先の条件をよくするために転職をしました。

前の会社は給料日が25日だったのに対して、次の会社の給料日が5日なのです。給料や条件が良くなるのはいいのですが、月末に引き落とされるカードや家賃の支払いなど、毎月コンスタンスに引き落とされるものがうまくいかなくなると気がつきました。

転職の喜びや給料アップなどについつい喜んでしまい、なかなかこのことを気がつかず日にちが近くなって気がつきました。

社会人になって初めてのお給料を使って海外旅行に行きました。

諸事情により長期の休みが取れる職場だったので、一度の海外旅行で3週間は滞在するのはごく普通でした。

行き先はアメリカが多く、東海岸を電車で縦断したり、ニューヨークでミュージカル三昧を楽しんだり豪華な旅行でした。

当時のお給料は新卒なのでそれほどもらえるはずもなく、毎年のその海外旅行で年収の三分の一は使っていました。