20代前半は、おしゃれやお友達とのつきあいにお金を使いたくて手取り10万円ちょっとのお給料では、とてもお金が足りませんでした。

幸い、自宅にいたので、家賃もかからず、食事も親が用意してくれていましたがそれでも、夏は海外旅行、冬はスキーや温泉に行くために、レイクでお金を借りてしまいました。

本当は親に借金すればよかったんでしょうが、その頃、親とはあまりうまくいっておらず遊びのお金を貸してとは言えなかったんです。

レイクの店頭の女性はとても親切で丁寧でしたし、利子さえきちんと支払っていれば翌月には、また数万円を借りる事ができたので、段々と元本が膨らんでいき最終的には50万円を超えていました。

そのうち、ひょんな事から、借金をしている事が親にわかってしまい散々怒られたあげく、すべて、親に返済してもらいました。

以来、遊びに行く時には、そのお金を用意してから行くようにし、本当に必要でないものには、カードも使わないようにしました。

自分の身の丈にあった生活をするという、ごく当たり前の事ではありますが、その当たり前の事に気がつかずに借金をしてしまった。

若い頃の事を戒めにして、結婚した今はきちんと貯金もして自宅も新築し、家族と幸せに暮らしています。